読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Energy flow

黒崎玄太郎研究所

グダグダイズム宣言

「グダグダイズム宣言」 白井京月狂騒の文明の文法を放棄せよ成功や幸福という子供染みた目標を持ってはいけない生きることに意味や目的を持とうとしないことそんな感じでグダグダ生きることこれをダダイズムに似せてグダグダイズムと呼ぼうこれは頽廃ではな…

「健康になって下さい」は残酷な発言

格差社会と言われているが、格差は経済的なものばかりではない。 格差の三大要素は、経済、健康、人間関係だ。 「健康じゃない人はあかんわ」 今日、言われた言葉。これは残酷だった。治る病気なら「早く良くなってください」と言っても良いだろう。しかし、…

労働力調査を見て思うこと

朝から暇なので、久しぶりに統計を見た。 「労働力調査(基本集計)平成28年(2016年)7月分」 ■就業者 6479万人・自営業主・家族従事者 724万人・雇用者 5721万人(雇用形態別内訳) ・正規の職員・従業員 3357万人 ・非正規の職員・従業員 …

雇用の崩壊と社会制度

時代の流れだ。もはや誰もが同じような労働にありつける時代ではない。雇用という仕事の形態そのものが、脆くも崩れ去ろうとしているのだ。 もはや国家には、雇用を提供するだけの能力はない。それでも、ニートや障害者の雇用を促進しようとするのは、その支…

超富裕層のコスモポリタン都市を作れ

貧困世界の話題が続いたが、一転して富裕層の話だ。 夢を見た。ホテルリゾート。ガイドの女性は娼婦も兼ねている。世界各国の美女が集まっている。美男もだ。昔、ある女性に人間は世界各国の人とセックスするべきです、と言われたのを思い出す。それでも人そ…

遊びこそ仕事という哲学

1.最高の遊びは学問 最高の遊びは学問であると言われている。最高というのは楽しさにおいてである。探究、発見、創造、深さ、申し分ない。政治的御用学者は別物だし、学問は学者だけのものでもない。ブロガーだって学問的な人も少なくないし、それはきっと…

「私の革命計画」と、その5年後

mixiの恥ずかしい隠し日記が出て来た。恥ずかしいは趣味なので公開してしまおう。 「私の革命計画」 2011年02月18日 え~。まだ働くの。働きすぎだよ。もっと楽しいことしないと年取って死んじゃうよ。死んだら多分だけど遊べないよ。 何がいけないの。…

霊の36階級

霊界哲学に言及したが、いくつか付言が必要なようだ。 調査によると、霊界は36のレベルに分かれていて、当然ながら上層の方が偉い。前回、講義をしてくれたN氏は、どうも下の方、それも1階か2階の住人らしい。このクラスは低級霊とも呼ばれ、どちらかと…

続・霊界哲学講義

かき氷を食べ終えたN氏が語り始めた 霊界哲学は特殊なものではありません。そもそも、哲学の起源が霊界を考えることでした。物質なき世界。なぜ、人間はそんなものを想定したのでしょう。 死です。人は死が怖かった。そこで死後の世界を作った。それが霊界…

霊界哲学講義

夏。霊界の季節である。はやく霊界に行きたいと思っている人も、そうで無い人も、教養として霊界哲学を知っておくことは悪くない。今日は講師に霊界のN氏を迎え、存分に霊界について語ってもらうことにした。 やあ。現実界は久しぶりなんで汗がふき出してま…

不思議な福祉サロン

ある場所に障害者の福祉サロンがあります。通所しているのは毎日数人。多い日でも20人を超えることはありません。 テーブルと椅子が置かれていて、テレビがあります。流しと電気ポットがあり、カップ麺を食べられるなど、コンビニのイートインコーナーのよ…

「生き延びる」は間違った戦略

過去に高橋亀吉賞に応募した論文を読み返した。よく書けている。少なくとも、こんなところでウダウダしている人間ではない。 思うに、精神障害者として年金で節約して生き延びようという戦略が根本的に間違っている。生き延びることには何の意味もない。そう…

考えたら負け

クラブでの会話 「今度、ご飯たべに行こ」 「いや、俺には妻も子供もいるし」 「そんなん考えたら負けや」 は。考えたら負け。なんだそれ。俺は40年以上、考えて生きてきたのだ。それを、考えたら負けだって? カッコいい。同伴してやろうじゃないか。 そ…

喫煙者・喫茶店・貧困層

直球で書いてみよう。 俺は貧困層だ。行政の家計相談で、喫茶店と缶コーヒーとタバコをやめるように指導を受けた。そして発狂し、病状が悪化し、入院一歩手前まで行った。先月の話だ。 障害者就労継続B型という時給200円のブラックな仕事も辞めた。1日…

デフレ世界の波

日本にはデフレ世界がある。貧困世界と言っても良い。傘1本100円。弁当200円。そういう小世界がいくつも組織化されている。私も今月、そういうサークルに入った。年会費1000円。フリースペースを自由に利用できる。利用料は0円。 会員350円の…

「医者でも一日1万円は使わない」だってさ

人の悪口は言うな、と教えられた。それはきっと処世術なのだろう。しかし、悪口も言えないようになったら人間終わりだという人もいる。それに、今日書くことは悪口ではない。 医療の世界では医者は頂点である。どんな医者だろうが医者は医者。異常にプライド…

厚生労働白書に求めるもの

ちょっと研究に必要な資料が欲しかったので、電話で問い合わせたが、さっぱり埒があかなかった。 私が知りたいのは生活保護に関する以下の数字である。 最近は生活保護に対する風当たりが強くなっているが、世間の人は以下の事実をご存じなのだろうか。 1.…

沈黙の理由

6月は頭から書き過ぎた。 その疲れが出たのと、選挙期間中は静観しようと思ったのが更新の無かった理由だ。 7月5日に、スマホをSONYのXperia_Xperformanceに変えた。そして目覚めてしまった。なんだ、この次世代文明は。人工知能…

格差分断社会の到来

格差が問題とされることがある。格差是正。機会平等。公平。 無理でしょ。大金持ちから税金取るの。教育格差でも金持ちは私立に行くでしょ。だいたい親の文化資本が違う。環境が違う。機会平等は形式論に過ぎない。機会平等でも能力や個性に差があるから、格…

対立のDNAには逆らえないという話

遺伝子が解明されると、いろいろなことが分かってくる。スティーブン・ピンカーは、遺伝子と人格特性について、パーソナリティの5つの主要因子を次のように指摘した。 1.「内向的/外交的」 2・「神経質/安定的」 3.「経験に対して開放的/閉鎖的」 …

愛国心とは自己犠牲という意味

いや、遅くなったが文部科学省は2、3年後を目途に「道徳心」と「愛国心」を点数化することを決めたらしい。ものすごい時代錯誤。歴史の後退だ。 そもそも愛国心とは何か。愛とは、自分より大切なもののことだ。つまり、愛国心とは自分個人より国の方が大事…

ポスト民主主義

所詮、民主主義とは衆愚主義だった。1%の富裕層が99%の富を握る世界。それが現代文明の到達点となった。これからは、もっと恐ろしいことが起こる。国家が瓦解して行く。その先鞭がアメリカであり、日本であろう。国際資本が政治を動かすようになる。い…

東京都民は反省しないのか?

舛添東京都知事が辞任するらしい。ショボイ理由だ。公私混同。ちょっとした贅沢。脇が甘かったとしか言いようが無い。 それにしても彼を推薦した自民党と公明党は反省しないのだろうか。彼を当選させた東京都民は反省しないのだろうか。また、選挙がある。誰…

雇用は無用

不思議なことである。これだけ文明が発達していながら、誰もが若い頃から60過ぎまで働かないと、社会が機能しないのだろうか。そんな馬鹿なことがある筈もない。必要最小限の労働力など、50%程度だろう。無駄なサービス、無駄な競争が多過ぎるのだ。 そ…

人生観の揺れ具合について

人生観。そんな難しいものに興味はないね。そういう人も少なくないだろう。しかし、そんな人でも言語化、体系化されていないだけで人生観を持っているのではないか。それとも、本当に人生観を持たずに生きているのだろうか。 誰がどんな人生観を持とうが自由…

アベノミクスは成功している

アベノミクスが成功しているだって? え、何を言い出すんだ。景気は良くならないし、デフレは解消されていないじゃないかって? は、何を言ってるんだ? アベノミクスの真の目的は貧困層を増やし安価な奴隷的労働力を大量に生み出して、格差社会を確固たるも…

ダダイズムからグダグダイズムへ

はて、文明の文法を解体せよとの指令を受けた訳だが、具体的に何をすれば良いのかが未だに分かっていない。ポストモダンは近代的な個人も国家も解体できなかった。結局は、哲学や文学あるいは社会学の内側での話であって、現実世界の文明の文法は揺らいでは…

自立という幻想、崩壊する家族

いつの頃からだろう、子供を自立させるのが親の役割だとして、学校を卒業したら家を出るのが当然のような風潮が出来たのは。なに、そんな風潮は無い。いや、いつの時代かは不鮮明だが、そういう風潮の強い時期が日本にはあった。 自立には、経済的自立、生活…

生存権の問題としての最低賃金

重要な問題は、繰り返し書いた方が良いだろう。それに、もうすぐ選挙だ。野党連合は戦争法などではなく、争点を生存権としての最低賃金に絞るのが良いだろう。まずは、最低時給を全国一律に1000円にする。そして、年に100円ずつ上げて、最終的に15…

経済成長主義の終焉

今頃、こんなエントリーを書かなければいけない現状が嘆かわしい。もう、10年以上前から同じことを言っている。世界の先進国は経済成長主義の限界を熟知している。そして、すべての先進国は巨大資本に支配されている。これを、コーポラティズムと呼ぶ。 先…