貧困と障害

今の自分で良しとする

一般社団法人さんでーかふぇの加納代表と電話で話をしていて、目から鱗が落ちた。 私は自我が安定せず、崩壊に近いときもあり、解離性障害のようでもあり、とにかく不安定だ。今日もストンと落ちた。 いろいろとお話していて「今の自分でよしとしたらいいじ…

リカバリー・ビジョン

ふむ。どこかでリカバリーできていれば、いまのような転落は無かった。しかし、人生という大きな絵で、これからリカバリーを考えることは悪くない。脱・貧困。さすがに脱・障害は望みすぎか。しかし、可能性があるならば無視してはいけない。 ビジョンを持と…

精神障害者世界の現在

私は今まで、粗雑な考えをしていたことを反省しないといけない。 精神障害者は精神障害者世界を生きるか、一般世界を生きるかの二者択一で考えていた。しかし、現実にはもっとうまい精神障害者世界の利用方があるようだ。日本の福祉は就労主義でいびつだが、…

転落のスタンダード

講演の原稿を書いたのだが、主催者側から、誰に話したいのか、主張は何なのか、などと聞かれ困惑している。なにやら、ぐだぐだになりそうな予感がするので、いっそう、黒崎玄太郎研究所主催で敢行しようかと思う。テーマは「転落のスタンダード」。なに、自…

解離性障害が一番深刻だ

私の公式の病名は「統合失調感情障害」だ。ただ、それだけではない。アルコール依存症がある。そして、何より悩ましいのが、解離性障害なのだ。 平成30年4月の記憶がない。大金を何に使ったのかがわからない。あの時の自分は自分ではない。記憶だけではな…

B型に通いはじめた

B型とは、障害者の就労継続支援B型のことです。A型は雇用契約を結びますが、B型は雇用ではありません。逆に、福祉サービスなのです。作業をして工賃をもらう場合もありますが、平均で1時間200円程度。最低時給も関係ありません。 そう言えば前に、こ…

転落の速度と意識

年収1千万円からの転落。家を売り、仕事を辞め、離婚した。事業を立ち上げたが廃業した。精神障害者となり、障害年金を受給。障害者手帳を取得。ヘルパーさんが入る。精神病で入院。自己破産。転居。今はワンルームマンション暮らし。立派な転落だろう。 さ…

自我の再生

私はいま、三つのレッテルを自分に貼っている。精神障害者、浮浪者、そして廃人だ。それを補強するのが、自己破産と離婚とアルコール依存症。もう、名実ともにボロボロなのだった。 しかし昨日、脳のMRIを撮った結果、脳は正常だと言われた。意外だった。…

デブの綱渡り

一人暮らしに限界を感じている。抗精神病薬で脳が委縮し、知能が低下し、金銭管理能力と日常生活能力を失っているからだ。特に金銭管理は大変だ。つい、酒とタバコが増える。もう、無理なのである。 訪問看護師に、電話で、こんな綱渡りは無理ですと主張した…

棄損した自我のケア

精神障害者になって変わったこと。自分をとりまく環境の変化と関係性の変化。過去の自我は放棄され、ややもすると投げやりになる。精神科医療には、この棄損した自我のケアをお願いしたいのだが、そんな気の利いた精神科医はいないだろう。 思ったんだ。生活…

攻撃性の異常と正常

貧困と障害の当事者研究。障害とは精神障害だ。病名はいろいろと変わってきた。双極性感情障害1型。非定型精神病。統合失調感情障害。病相も複雑だ。説明しやすいのは妄想くらいだ。今日のテーマは攻撃性。躁状態になると攻撃性が出る。暴力沙汰はないが激…

復活はある

ドン底である。もう再起などという意欲はない。日常生活からして、なっていない。永久入院が希望だとか。撤回しよう。今日、N氏と話ていて気が変わった。精神病院は、思ったよりも悲惨な場所のようだ。もう、入院はやめよう。 私の意思とは関係なく、私の周…

劣化は加速するのか

悲しいエントリーが続く。 朝、シアナマイドを飲んだ。夜、ハイボールを飲んだ。呼吸困難になった。気分を落ち着かせるためにタバコを吸った。その人は喘息なのに、だ。 馬鹿というよりも憐れだ。私の話だ。劣化。それに気づくことが回復なのか。それとも、…

回復が無いと悟ったとき

今日の診察は、私の病状と、今後を考えるうえで重要なものだったように思う。状態は不安定で、鬱状態と錯乱状態が頻繁に現れる。去年の問診表になぜか連続殺人事件の容疑者という記述があるようだ。妄想。躁状態の極期に現れる意識障害と記憶障害。これは実…

浮かれた自我に魔物が棲みついた

古い自我が帰ってきた。22年前。1997年の自我だ。つまり精神病を発病する前の自我だ。結婚4年目。持ち家。長女も生まれていた。真面目に生きていた。真面目な自我があった。それが、いつしか浮かれた自我になっていた。転勤、単身赴任は大きなきっか…

復活のシナリオを描くことは狂気なのか

前々回の精神科主治医診察で、私が貧困からの脱出ということを言うと、それは狂気に属するとして却下された。主治医としては、今のまま貧困で安定して欲しいのだろうが、私というパーソナリティは、どうもそれを許さないようだ。 貧困は5年ほど経験したが、…

精神障害者の顔

もう、5年以上になるヘルパーさんに聞いてみた。 「何も知らなければ、精神障害者に見えますか?」 「見えますよ。すぐに分かります」 そうだろうな。私自身、精神障害者を演じているのだ。頑張れば健常者も演じられる気がする。無理だろうか。 昨日、突然…

妄想と発狂のメカニズム

これから書くことは私自身の体験であって、一般的な事例ではない。それでもどこかに、狂気を紐解くヒントがあるかもしれない。この小文が、薬物中心の精神科医療に一石を投じることになれば幸いである。 私が精神病と診断されたのは、38歳の時だ。システム…

俺は破滅に成功した

ナオミが悪い。ナオミは俺に「貴方は破滅型じゃない」と言った。なぜか、とてもムカついた。よし、破滅してやろうじゃないか。俺は強く決意した。心に火がついたのだ。 家を売った。会社を辞めた。離婚した。退職金で豪遊した。そして、あり得ない発病。仕事…

入院することにしました

2015年1月に退院し、引っ越してから4年4ケ月。彼女のいない一人暮らし。仕事もなし。生活の軸が何もなく、ただ、生きていただけ。文学的成果もほぼ皆無。浮き草のようなもの。病状はいっこうに安定せず。しまいには、アルコール依存症だとか。人生と…

僕は廃人になっていた

風呂に入らない、服を着替えない、顔を洗わない、髭を剃らない、もちろん仕事はしていない。臭い、汚い、みっともない。あれ、廃人じゃないか。僕は廃人じゃないか。 なにが貧困と障害の当事者研究だ。ぜんぜん研究していないぞ。データもなければ、深さもな…

脱出の周辺

貧困から脱出したい 障害から脱出したい しかしそれらは、頭から無理とされる 根強い願望 諦めたつもりでも、諦めきれていないのだ だから苦しみ続けるのだ 引導は渡されている それでも何かが燻っているのだ こんな世界と見下しているから 私は誰からも好か…

精神障害の海

漂っていたのだろうか 押し流されたのだろうか 俺は精神障害の海の住人になっていた 脱出なんて考えられない これから、この海で生きて行くのだ。 いろいろな薬を飲まされて 医療や福祉のいろいろな人がやってきて 孤独で貧しい生活を続けるのだ どうしてこ…

どんよりしている

前のエントリーから、1週間以上あいてしまった。 標題の通り、精神症状なのか、薬の作用なのか、気分がどんよりしている。いま、寝起きだが、気分が上がる気配はない。さて、何を書こうか。 昨日は、精神科の定期受診だった。もう、一人暮らしは無理だ。入…

ゴールデン・パニック

10連休。私は躁状態後の抑鬱期になり、ストンと落ちて空っぽになり、入院するしかないと、あたふたしていました。結局、昨日、これはパニックだったのだと気づき、やはり一人暮らしは厳しいか、でも施設もないし、などと寝言を並べているところです。 厄介…

平成最後の連句会

私が、この地域活動支援センター(以下地活)に行きだしてから、1年と9ケ月になる。この地活は、水曜、日曜、祝日を除く、午前10時から、午後3時まで開所している。概ね、毎日何かのプログラムがある。その一つが「癒しの連句会」である。 今日は平成最…

夢の落差

私は間違いなく貧困である。散髪をし、顔を剃るお金も、洗濯をするお金もないので、見た目はまるで浮浪者だ。しかし、私は妄想する。 病気がなければ、月200万円クラスのプロジェクトマネージャーですよと、NT氏に言われた。私は、21世紀を代表する知…

文化の冬の時代に

昭和は、いや日本古来の性に鷹揚な文化は遠い昔のことになってしまった。 「結婚していますか」と聞くことが、セクハラとされたり、個人情報ですのでお答できません、という話になる。これでは、マトモな会話は成立しない。 プライバシーという概念の背後に…

♪ 今日は私の断酒記念日です。

♪ 今日は私の断酒記念日です。 そんな歌があった気がする。あ、あれは失恋記念日か。 2月4日に、シアナマイド(抗酒剤)を飲もうと覚悟を決めてから、一滴もアルコールを入れていない。(ノン・アルコールは入れている)これは、医師の力、薬剤師の力、訪…

狂ったヘルパー

先日の月曜日、地域活動支援センター(地活)「G」で理事長に声を掛けられた。 「貴方、B型の「P」に行ってみない。私が推薦するから」 「よろしくお願いします」 Pといえば理事長が福祉の超有名人で、資金潤沢なところ。好立地であり、私も無料の講習会…