貧困と障害

障害と共に生きる

私は精神障害者である。今までは回復を期待して治療してきた。あるいは、絶望していた。しかし、今は違う。障害と共に日常を過ごすことが目標だ。思考力がない。集中力がない。そわそわする。そこから逃げずに障害と付き合う。さらには抗精神病薬の作用と副…

精神障害者と主体性

厚生労働省の統計は、心療内科、精神科に通院しているだけで「精神障害者」とカウントしているようだが、病歴20年の私からすると、障害年金をもらうか障害者手帳を取得する時が、自らを精神障害者だと感じる時のように思う。 私は38歳で発病し、50歳ま…

自分らしさを取り戻せ

躁うつ病なり、統合失調症になると、抗精神病薬が処方される。これを飲むことで症状が緩和されるとも言えるが、その人の持つ個性が消されるとも言える。 たとえば私の場合、リスパダールをそしてインヴェガを飲まされた。これによって、熱狂と興奮という私の…

義理と人情の福祉システム

私が退職し、障害者になって区役所の生活支援課を訪れた時のことだ。私の過去の源泉徴収票を見て係長が叫んだ。凄い、局長より多い。 世間の風潮として福祉業界というと三流の人材で給料が安いというイメージがある。係長はこの考え方が許せない。福祉の人は…

地活にて

久しぶりの地活である。スタッフのKさんは、8月3日の夏祭り以来だと良い言い、Yさんは、8月初だと言った。ちなみに今日は、8月24日だ。 話題は、どうしてもB型になる。「死にたい」を禁止され、「ワン」を禁止され、「ピヨピヨ」を禁止され、「もう…

パニック発作と断酒

2019年8月20日。B型事業所をさぼった私は、朝からハイボールを飲んでいた。今年の2月4日から4ケ月断酒していたが、自我が安定しないので、アルコールを再開していたのだ。それも、7月からは激しく飲んでいた。飲まないと耐えられないという精神…

精神障害者と人間の尊厳

台風が来ている。気圧が下がっている。喘息の調子が悪い。ヘルパーさんが来た。味噌ラーメンを作ってもらった。残した。 講演会の原稿をアップしたのだが反響がない。まだ、前編だ。後編で勝負だろうか。 俺は頭が狂いだした。ワンワンとピヨピヨだ。これは…

2019白井京月講演会(前編)

こんにちは。白井京月。58歳です。よろしくお願いします。 今日は私の精神病体験をお話したいと思います。 1999年。38歳までは、普通の人生でした。大学を卒業し、大企業に就職し、結婚し、子供ができ、家を買い、管理職になる。絵にかいたような幸…

貧困の掟

キャッチーなタイトルだが、私が書くにはおこがましいタイトルだ。しかし、無理を通せば道理は引っ込む。とりあえず、いい加減だが書いてしまえ。そう、貧困とは何かを定義することもなくだ。いや、むしろ、この10ケ条がメルクマールになるかもしれない。…

勤労と世間

勤労は聖なるものとして尊ばれるとともに、刑罰としても用いられる。そして、なによりも収入という形で格付けの装置として機能している。 就労継続支援B型に通所するようになった。周りの見る目が変わった。賃金が安くても働くのは良いことだ。周囲の素人は…

食卓

7月1日から、就労継続支援B型事業所に行っている。日本経済のブラックな奥深さを見てしまったが、それは今日の話題ではない。 お昼の12時からは昼食だ。100円でお昼の賄がつく。ご飯、味噌汁、小皿ほか1品。1テーブル8人ほどで、昼食を共にする。…

今の自分で良しとする

一般社団法人さんでーかふぇの加納代表と電話で話をしていて、目から鱗が落ちた。 私は自我が安定せず、崩壊に近いときもあり、解離性障害のようでもあり、とにかく不安定だ。今日もストンと落ちた。 いろいろとお話していて「今の自分でよしとしたらいいじ…

リカバリー・ビジョン

ふむ。どこかでリカバリーできていれば、いまのような転落は無かった。しかし、人生という大きな絵で、これからリカバリーを考えることは悪くない。脱・貧困。さすがに脱・障害は望みすぎか。しかし、可能性があるならば無視してはいけない。 ビジョンを持と…

精神障害者世界の現在

私は今まで、粗雑な考えをしていたことを反省しないといけない。 精神障害者は精神障害者世界を生きるか、一般世界を生きるかの二者択一で考えていた。しかし、現実にはもっとうまい精神障害者世界の利用方があるようだ。日本の福祉は就労主義でいびつだが、…

転落のスタンダード

講演の原稿を書いたのだが、主催者側から、誰に話したいのか、主張は何なのか、などと聞かれ困惑している。なにやら、ぐだぐだになりそうな予感がするので、いっそう、黒崎玄太郎研究所主催で敢行しようかと思う。テーマは「転落のスタンダード」。なに、自…

解離性障害が一番深刻だ

私の公式の病名は「統合失調感情障害」だ。ただ、それだけではない。アルコール依存症がある。そして、何より悩ましいのが、解離性障害なのだ。 平成30年4月の記憶がない。大金を何に使ったのかがわからない。あの時の自分は自分ではない。記憶だけではな…

B型に通いはじめた

B型とは、障害者の就労継続支援B型のことです。A型は雇用契約を結びますが、B型は雇用ではありません。逆に、福祉サービスなのです。作業をして工賃をもらう場合もありますが、平均で1時間200円程度。最低時給も関係ありません。 そう言えば前に、こ…

転落の速度と意識

年収1千万円からの転落。家を売り、仕事を辞め、離婚した。事業を立ち上げたが廃業した。精神障害者となり、障害年金を受給。障害者手帳を取得。ヘルパーさんが入る。精神病で入院。自己破産。転居。今はワンルームマンション暮らし。立派な転落だろう。 さ…

自我の再生

私はいま、三つのレッテルを自分に貼っている。精神障害者、浮浪者、そして廃人だ。それを補強するのが、自己破産と離婚とアルコール依存症。もう、名実ともにボロボロなのだった。 しかし昨日、脳のMRIを撮った結果、脳は正常だと言われた。意外だった。…

デブの綱渡り

一人暮らしに限界を感じている。抗精神病薬で脳が委縮し、知能が低下し、金銭管理能力と日常生活能力を失っているからだ。特に金銭管理は大変だ。つい、酒とタバコが増える。もう、無理なのである。 訪問看護師に、電話で、こんな綱渡りは無理ですと主張した…

棄損した自我のケア

精神障害者になって変わったこと。自分をとりまく環境の変化と関係性の変化。過去の自我は放棄され、ややもすると投げやりになる。精神科医療には、この棄損した自我のケアをお願いしたいのだが、そんな気の利いた精神科医はいないだろう。 思ったんだ。生活…

攻撃性の異常と正常

貧困と障害の当事者研究。障害とは精神障害だ。病名はいろいろと変わってきた。双極性感情障害1型。非定型精神病。統合失調感情障害。病相も複雑だ。説明しやすいのは妄想くらいだ。今日のテーマは攻撃性。躁状態になると攻撃性が出る。暴力沙汰はないが激…

復活はある

ドン底である。もう再起などという意欲はない。日常生活からして、なっていない。永久入院が希望だとか。撤回しよう。今日、N氏と話ていて気が変わった。精神病院は、思ったよりも悲惨な場所のようだ。もう、入院はやめよう。 私の意思とは関係なく、私の周…

劣化は加速するのか

悲しいエントリーが続く。 朝、シアナマイドを飲んだ。夜、ハイボールを飲んだ。呼吸困難になった。気分を落ち着かせるためにタバコを吸った。その人は喘息なのに、だ。 馬鹿というよりも憐れだ。私の話だ。劣化。それに気づくことが回復なのか。それとも、…

回復が無いと悟ったとき

今日の診察は、私の病状と、今後を考えるうえで重要なものだったように思う。状態は不安定で、鬱状態と錯乱状態が頻繁に現れる。去年の問診表になぜか連続殺人事件の容疑者という記述があるようだ。妄想。躁状態の極期に現れる意識障害と記憶障害。これは実…

浮かれた自我に魔物が棲みついた

古い自我が帰ってきた。22年前。1997年の自我だ。つまり精神病を発病する前の自我だ。結婚4年目。持ち家。長女も生まれていた。真面目に生きていた。真面目な自我があった。それが、いつしか浮かれた自我になっていた。転勤、単身赴任は大きなきっか…

復活のシナリオを描くことは狂気なのか

前々回の精神科主治医診察で、私が貧困からの脱出ということを言うと、それは狂気に属するとして却下された。主治医としては、今のまま貧困で安定して欲しいのだろうが、私というパーソナリティは、どうもそれを許さないようだ。 貧困は5年ほど経験したが、…

精神障害者の顔

もう、5年以上になるヘルパーさんに聞いてみた。 「何も知らなければ、精神障害者に見えますか?」 「見えますよ。すぐに分かります」 そうだろうな。私自身、精神障害者を演じているのだ。頑張れば健常者も演じられる気がする。無理だろうか。 昨日、突然…

妄想と発狂のメカニズム

これから書くことは私自身の体験であって、一般的な事例ではない。それでもどこかに、狂気を紐解くヒントがあるかもしれない。この小文が、薬物中心の精神科医療に一石を投じることになれば幸いである。 私が精神病と診断されたのは、38歳の時だ。システム…

俺は破滅に成功した

ナオミが悪い。ナオミは俺に「貴方は破滅型じゃない」と言った。なぜか、とてもムカついた。よし、破滅してやろうじゃないか。俺は強く決意した。心に火がついたのだ。 家を売った。会社を辞めた。離婚した。退職金で豪遊した。そして、あり得ない発病。仕事…