読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親分

私には親分がいる。正式の契約書も杯の儀式もないが親分がいる。同年代の会社社長。勝手に家来を名乗るのは迷惑なのだそうな。まあ、そんなことはどうでも良い。私には親分がいる。

 

先週、ある人に「貴方なら人生を立て直せますよ」と励まされた。一瞬、喜んだのだが、人生を立て直すって、どういうことと頭がクルクルした。これはピンチだと親分にメールした。

 

人生を立て直すとは、ずいぶん上から目線で失礼な話だと返ってきた。

 

以前のメールもあわせて読んだ。

 

坐禅と散歩と俳句と美術鑑賞と自炊をやってるうちに、じわじわと得も言われぬしあわせ感が湧き出てきますよ。

 

楽なほう、楽なほうを選びましょう。

 

ああ、なんと良い親分なのだろう。

 

瞑想家というのも気負い過ぎのようだ。これは自省。

 

私の欠点は真面目なことかもしれない。上から目線野郎なんてスルーすれば良いのだ。真面目に相手をしない。真面目に考え込まない。親分は真面目さを悪癖だと言った。

 

親分は必要だ。親分を忘れるな。