このブログの位置づけ

昨年夏から、瞑想家になって、energy flowというブログにし、次世代文明研究所を廃止した。しかし、結局は瞑想もまた心理主義のスピリチュアルの危険があると悟り、深入りをやめた。そして、近日、詩集「愚者の祈り」を再開した。

 

はて、このブログの位置づけは何だろう。当初はシーサーでジャーナリスティックなことを書いていたもののアーカイブだった。それがカオスなコラム21の作業場となり、延長で次世代文明研究所になった。日日雑記も日記というよりコラムである。

 

私のオフィシャルブログはアメブロだが、クオリティはこのブログの方が高い。読者層もぜんぜん違うと思う。問題は、このブログをこれからどうするのかだが、基本的に雑多なまま行きたい。詩集も書く、書く気になればコラムも書く。

 

ブログを本にするという発想もあるが、本は売れないし儲からない。まあ、それでも「愚者の祈り」は本にする予定だが、このブログをそのまま本にするなど考えられない。ブログはブログ。そういうことだ。

 

読者の皆さんは、詩よりもコラムに期待されているのだと思う。しかし、最近は好奇心を失ってと言い訳をしておく。ただ、昨年のように突如書き出すかもしれない。計画は無いのだ。

 

「次世代文明研究所別館」と名前を変えたが、これが白井京月のメインブログだ。黒崎玄太郎は、姓名判断のネット査定で2900円と出たのでやめた。因みに、白井京月は1億円だった。

 

そんなことは、どうでも良い。これからも気分次第で書きますので、よろしくお願い致します。