世界は幻である

構造構成主義などという難しい言葉を使う必要はない

貴方の見ている世界は、貴方だけの世界だ

私の世界も同じだ

私だけの世界だ

認識は無数にあり

空間と情報はシェアされたりもするが

一つの世界なる実体などどこにもない

あるのはただ、貴方の世界であり、私の世界だ

接続

世界とは接続の意思である

会話、接触、共同作業

しかし、どこまで行っても世界は幻だ

それが現実世界だ

天界はちがうらしいが、私は行ったことがない

自分だけの世界を楽しめれば、それを幸福という

世界平和を願ったところで、実体としての世界などない

世界には表と裏があるのよ、という名言

表と裏どころか、いわゆる世界など、どこにもないのだ