世俗の誘惑

過去は消滅した

今の俺は孤独で貧しい精神障害者

収入は障害年金

自立支援に助けられ医療費は安い

週3回のヘルパーさん

週2回の訪問看護師さん

週1回の通院

役所には相談できる人がいる

障害者支援センターには担当者がいる

至れり尽くせりだ

ありがたいと感謝するのが普通だろう

親分は世俗を離れて、気楽に遊んで過ごせという

療養にはそれが良いのかもしれない

しかし、時として野心が顔を出す

復活とか、再起とか、一発逆転とか

これが世俗の誘惑だ

病状を考えろ

もう、一般世界に戻ることは考えるな

世界観を更新せよ

過去の世界は失われたのだ

新しい世界を生きよ

世俗の誘惑に引きずられるな