成果主義の呪い

民間企業に27年勤めた私は、どっぷりと成果主義に嵌まっているようだ。

障害を抱え、知能が低下した今でも、どこかで成果にこだわっている。

これは、きっと不幸に属するのだと思う。

頭では分かっているのだが、切り替えができないのだ。

何か一発やってやりたい。

そう思うのが成果主義の呪いなのだろう。

果たして、呪いは解けるのか。

今日は良いことを聞いた。

イヤなことはやるな。

もう、昔の土俵には戻れない。

土俵を変えて、また成果か。

いい加減にせんか。