貧困と障害の当事者研究

黒崎玄太郎研究所の2018年以降のドメインが決まった。「貧困と障害の当事者研究」だ。このブログのカテゴリ―も趣旨に沿って「格差・貧困・福祉」のエントリーを「貧困と障害」に変更した。

語りたいことは山のようにあるが、今はまだ未整理だ。思えば、個人事業主として独立してから、あれもこれもに手を出し、ピンが立っていなかった。もう、これからはこの分野一本で行く。迷いはない。

時代は変わる。相対的貧困でもハッピーな暮らしが出来る時代が来る。仕事をする意味も経済的報酬から精神的報酬に変わる。まさに、次世代文明がやってきたのだ。

私の体調が戻ったら、ピア・サポーターのようなことをやるかもしれない。数年後には、PSWの資格を取るかもしれない。やめよう、欲は毒だ。目標は小さければ小さいほど良いのだ。

gentarou.comも、年内リニューアルだ。流れは変わった。