2018年の正月

父も母も生きている。それも5キロ圏内に住んでる。なお、父と母は離婚しており、父には新しい妻がいる。不思議なことに、調停の結果、父の実家に母が住んでいる。

正月、私は父にも母にも会わなかった。実家は縁起が悪いし、父の家には上げてもらえないのだ。

私は4年前に離婚して一人暮らし。正月の夕食はコンビニおにぎりだった。

3日の夕方友達が来た。それでも田舎で店が開いていない。夕食はコンビニの麻婆丼だった。

そんなことはどうでもいい。問題は新年の抱負とか、そういうことだろう。無い。そんなものは無い。救急車で搬送されないこと、死なないこと。それくらいしか浮かばない。あとは、発狂しないことか。まあ、無事これ名馬ということで。

知能の回復が待たれるところだ。ああ、男性機能の回復は今年のテーマだと主治医は言っていた。

知能、回復するのだろうか。お馬鹿な電話相談員が相当な努力が必要と言っていたが、そういう問題ではまったく無い。ばーか、ばーか、と言ってやった。謝っても遅い。クビにしてあげると言っておいた。

惨め。書けば書くほど惨めになる。いい歳して、何をやっているんだ。瞑想の方が良い。