2018年の3月

重用な1ケ月だった。

高校のクラブのOB会があった。句会に行った。京都に行った。

小説「笑顔の監獄」を無理やり完成させた。(カクヨム

MURAGONのブログを改造し、守護霊中島氏との対話の場にした。(場末泡沫の霊界通信)

私がサイバーテロから人類を救う刺激的な夢を見た。(文学秘密基地@白井京月/護国神社

研究所のホームページを刷新し、超自己対話法の完成を目指すことにした。

おい、貧困と障害の当事者研究はどうなった。中止か。中断か。それこそ守護霊様と相談だ。大丈夫か、俺。

1年ぶりに本を読んだ。

「セラピスト」最相葉月

「火星の人類学者」オリヴァー・サックス

トーマス・マンの「魔の山」は読み始めたところだ。

さあ、還暦までには回復しよう。まだ治療中だ.。

 

【追記】
重要なことを漏らしていた。私の人生は2014年で終わったと主治医と確認したのだ。いまは余生だ。生産的なこと、活動的なことは必要ない。そういうことだ。