詩を書く時間

静かな夜

爽やかな朝

落ち着けるカフェ

いずれにしても、詩を書くには時間がいる

そして、その時間こそが詩の内容そのものなのだ

詩において重要なのは透明度だ

透明感がなければ詩としていかがなものか

詩を書く上で重要なのは、詩を書く時間を作ることだ

静寂へと落ちて行く時間

本質が見え透いてくる時間

気分の安定

もちろん、怒りも、悲しみも、喜びもあるだろう

それらの感情も動くことをやめ

観察の対象になる

これは、詩を書くことをさぼっていた詩人の反省だ

書きたいときにはいくらでも書ける

しかし、それでは続かない

最低でも週1回は、詩を書こう

それには時間を決めることだ

毎週、日曜日

愚者の祈りを続けよう

詩そのものは作品だが

詩の醍醐味は詩を書いている時間にある

私は再び詩人になる