久しぶりの飲み会

3月2日以来である。いつもの高校将棋部のメンバー、TH氏、SI氏、NT氏と4人で大衆中華料理店に行った。昨日のことだ。なお、会計はすべてTH氏の奢りだ。

名目は、私を励ます会である。しかし、昨日はあまり煽られなかった。私に元気が無かった。どうしたら良いか聞いても、お前は俺の言う事を聞かないだろ、で終わった。

4人で10人前の餃子を食べた。蒸し鶏ジンギスカン、麻婆豆腐、酢豚、焼飯、ヤキソバなどを食べた。ビールはジョッキ3杯。満腹感が無いのは、脳が壊れているからか。

TH氏は5年上、62歳。会社経営。

SI氏は4年上、61歳。人事屋。

NT氏は一つ下、56歳。フリーター。

俺、57歳。無職。

話はTH氏の自慢に終始する。苦痛ではない。しらけている。まあ、楽しかったですかと言われると、楽しかったと答えるだろう。一般人との接触は久しぶりなのだ。つまり、普段は障害者世界に浸っているのだ。

思う事。何も無い。社会復帰という言葉を一度聞いたが、流された。私はそれどころではない。今日明日を生きるのに必死なのだ。

私は飲み会に何を求めているのか。ただで飲んで、食べて、それだけなのか。

年内に、もう一度あるかもしれない。もっと喋らないと。私らしさが消えていた。インヴェガの影響だろう。私らしさは必要か。わからない。