社会的成功という亡霊

先日、未だ私の中に、社会的成功という欲望があることを発見して驚いた。もっとも、成功と言っても大袈裟なものではない。普通に働き、普通に家族がいれば成功だ。

なに、その腐った思想。俺はそんなに腐っていたのか。

グダグダ主義宣言に書いた通り、私は文明の文法を離れ、社会から距離を置く、を実践してきた。成功だとか、幸福だとかいう語彙を否定してきた。なのに、いま、なぜ。

資本主義の罠だ。成長を欲望しないとエンジンは動かないのだ。それにしても私は、闇ブログで自分のエンジンが壊れていることを告白している。無理なのだ。もう、社会的成功は無理なのだ。

ああ、日日雑記だったな。抗酒剤のシアナマイドを飲みだして、21日目。21日間酒を飲んでいない。おかげで不安障害になって、ワイパックスという薬を飲んでいる。ハイボール代が浮くかと思ったら、ノンアルコールビールを飲んでいる。何も良いことはない。禁酒はやめるべきではないのか。

社会的成功。それは必要なこと。現代文明に関係のない動物世界の掟。負け犬宣言は虚しいだけ。路線を変更しようか。ああ、このブログ。何なんだ。