講演の打ち合わせを前に

私の講演会の企画が持ち上がっている。シリーズにしても良いという。明日は、第1回の打ち合わせ。議題は誰に何を伝えるかだろう。語りたいことは山のようにある。60分などで足りるはずもない。誰に、何を伝えるのか。あるいは伝えたいのか。一方的な思いだけを書いておきたい。

私は現在58歳。38歳の初診で、50歳まで民間企業に勤務した。在職中の入院4回は異例だと思う。

一番話をしたい人。それは現在、在職中、休職中の精神病患者だ。去るも地獄、残るも地獄という言葉がある。会社を辞めた後に住人となるであろう、精神障害者世界のことを伝えたい。そして、精神科医療に対するスタンスや、年金、手帳などのことを。

しかしだ、明日、話をしてみないと分からないが、講演の場は精神障害者の家族会になるかもしれない。そうなると、私の体験談も出てくるだろう。両親の離婚。私自身の離婚。父の家にも、母の家にも入れない現実。精神科医療信者の母。やりきれない、息子である私。患者が主治医ち対峙しているときに、中立ならまだしも、医者の側に立つ親というのは悲しい。

精神疾患とは何かを自らの体験から語るというのもある。面白い話かもしれないが、病気はそれぞれだ。あまり参考にならないかもしれない。

障害と貧困の当事者研究も進んでいる。誰が、どこに興味を持つのか。明日はそんな話になるのだろうか。

私の失敗は家族の絆が弱かったことだ。発病後の進路も相談者もなく自分自身で決めてきた。私はいま一人暮らしをしているが、病状からいえば、かなり無理があるのだ。

明日打ち合わせをする方からのメールに「目指すところ」という言葉があった。ふむ、文明の革新などと言ったら入院騒ぎかな。好奇心が無くなった、集中力が無くなった、想像力が無くなった、知能が低下した。回復に希望を見出すしかないのが現状。それでも、30分程度の講演は出来るだろうという判断だ。

どんな話になるのか。明日の打ち合わせが楽しみだ。