執筆について思ったこと

まずは、ご報告。
詩集「ロバート空間」をカクヨムでリリースしました。
これは前作「ロバート劇場」に勝るとも劣らない傑作です。
是非、お読みください。

kakuyomu.jp

病状でしょう。脳が急に流動的な状態になり眠れそうにありません。興奮しているのかもしれません。執筆意欲が湧いてきました。この気分、この調子が今後どうなって行くのか。予測が立ちません。

基本方針だけ整理しておきましょう。

小説、詩、はカクヨムに集約する。

エッセイは、このブログ、次世代文明研究所別館に集約する。

狂月日誌は毎日書く。

文学秘密基地は、看板である。主にニュースリリースか。

あとは物理的な出版ですね。お金がないのが一番。何から手をつけるかも一番。冊子で良いんですけどね。利益モデルは絵にかいた餅だから。

うーむ。編集者がいるな。尻を叩く人。相談員にお願いするか。妙案かも。