愚者の祈り

旧、次世代文明研究所別館

令和二年元旦の確信

令和二年元旦の確信。

今年は6年ぶりに出版する。「白井京月の36のエッセイ」。スポンサーがつきそうなのだ。と言っても、内容は2014年頃に書いたものがほとんどだ。以降、知能が低下したということだろうか。

「狂った季節」も本にしたい。「ショート。ショート集」も、「笑顔の監獄」も。そして、あれも、これも。

あ、俺、欲張りだな。

で、目的は。はあ、やっぱり文明の文法の更新でしょ。

あれ、躁状態かな。それよりも怖いのは喘息だ。

今年は生活の基盤を固める。青写真は出来つつある。回復、というよりも、良く生き延びたなという感じだ。

今年は世界的に良い年になりそうだ。(何故?笑)

まあ、とにかくおめでとうございます。ハイボール、もう1本。