白井京月の研究室

経済学・社会学・政治学

女神先生の診察

女神先生。女神というからには美人だ。腕もいい。大きく股を開いて座る。私も3度、命を救われた。主治医になってもらいたいのだが、それは無理。非常勤だからだ。

今日は下痢にきく最強の薬をもらった。

昨日は1時間に8回の便失禁で、大変だったからだ。

話題はアルコールへ。

「F先生から余命1年と言われ、治療しないことにしたんです」

驚かない。顔色ひとつ変えない。

「アルコール依存の末期は、糖尿や肝臓で苦しいですよ」

ふむ。そうなのか。もっと細密な計画が必要だな。

苦しむのは、1週間か、3ケ月か。

これは、自殺とは言わないだろう。自然死だ。

女神先生は、私を励まさなかった。死生観を認めてくれた。私は自分の死亡計画に自信を深めた。