愚者の祈り

旧、次世代文明研究所別館

9月の終わりに

令和2年。コロナ禍。東京オリンピック延期。

私はというと、カクヨム「精神疾患日誌」をスタートさせ、3月頃は出版意欲があり、5月には歩行困難になり、アルコール依存症で入院し、その後、便失禁が続くなど、ろくでもない9ケ月だった。

訪問看護は、週2回から1回に減った。通院は内科が週1回、メンクリが2週間に1回。ヘルパーはガイドヘルプを含めると週5回。それに就労継続支援B型と地活が入る。

忙しいはずなのだが暇だ。B型にも、地活にも行かないからだ。朝からハイボールを飲んでいる。社会規範から外れた生活をしているのだ。

問題意識はある。どうするべきか考える。しかし、結論が出ない。いろいろな人に相談する。それでも結論は出ない。

再起や復活など考えていない。余命8ケ月。日々、淡々と暮らせれば十分だ。それでも精神状態が不安定になる時がある。ハイボール漬けになる時がある。

日々、どう過ごすか。実に悩ましい。お金があれば良いのだが、お金は無い。

なら、働いて稼げよって。俺は重度の精神障害者なので仕事などない。

結局お金か。それでは知恵が無いな。

今年もあと3ケ月。無事ならそれで良しだ。