ある愚者の生涯

旧:次世代文明研究所別館

読者と読後感

昨日、ラグーナ出版から「シナプスの笑いVol.42」が届いた。

私のエッセイ、「人間とは何か」が掲載されている。

j-robert.hatenablog.com

 

今朝、早速、訪問看護師にこのエッセイを読んでもらった。

「難しいですね」

「学者ですね」

「こんなこと考えてたら、精神病になりますよ」

と言われた。

そこで、シャレの効いたショートショートシナプスの笑いバックナンバー)を読んでもらった。タイトルは「つまらない脳」。カクヨムの「ナンセンス道場」の中に収録している作品だ。

kakuyomu.jp

「これは面白いですね」

笑っていた。

 

読者が変われば評価も読後感も変わる。たった一人の読者の意見に左右されるなど、ナンセンスだ。

 

読者の感想や意見に、一喜一憂しない。

これは筆者の基本だろう。

 

しかし、カクヨムは、どうすればPVが上がるのか、わからん。

読者はどこから来るんだ。

魚群探知機ならぬ、読者探知機が欲しい。

え。もう、ある?