ある愚者の生涯

旧:次世代文明研究所別館

決断の条件

調子は最悪だ。

1.身体が動かない

2.便失禁がとまらない

3.食欲がない

4.ハイボール(1日6本)が減らない

外野は入院を勧める。母親までもだ。入院については、以下のパターンがある。

a.内科入院

b.精神科入院(医療保護)

c.入院はしない

ハイボールが切れると、精神がおかしくなる気がするのだ。運命の通院日は明日。さあ、どうする。

会田雄次氏は「決断の条件」という本の中で、どう書いていたか。思い出せない。本は自己破産時に整理して手許にない。困った。

生きる目的はあるか。ない。

生きる意味はあるか。ない。

緩慢な自殺の苦しさが分かったか。はい。

初志貫徹。それがいいだろう。

意味? それは書かぬが華だ。