ある愚者の生涯

旧:次世代文明研究所別館

ハイボールと還暦の私

いよいよ、本格的に還暦になった。誕生日を迎えたのだ。そして、朝からハイボール。朝ハイである。

思えば、2018年から、ハイボールに泣かされた。アルコール依存症と言われ、シアナマイドまで飲まされた。2019年、転院。2020年、入院。それでも、ハイボールの日々。いまでは食欲もなくなり、ハイボールは主食になった。

還暦か。普通なら過去の思い出から感慨に耽るのだろうが、私の思い出は消えかけている。認知症が始まっているのかもしれない。

60年を生きた。黄金の40代があった。挫折と転落の50代があった。脳裏をよぎった生活保護は現実になった。それから3年。私の友はハイボールになった。

屈辱。そんな気持ちすら無い。それよりも、精神障害者の道を選択した、51歳の時が問題だ。いや、それ以前に、50歳の時の事件が問題だ。もしも。もしも。もしも。

ひとまわり、12年。0-11歳。順風満帆。12-23歳。激動。24-35歳。上昇。36-47歳。黄金。48ー59歳。転落。

すべての干支を経て、新たな世界に入る。還暦とは、ゼロに還ること。

出直し、あるいは再出発。