ロバート空間

旧、次世代文明研究所別館

文明という枠組の解体構築

文明とは枠組である。私たちは皆、この枠組の中を生きる。しかし、現代文明は行き詰まっている。現代文明の中心は経済成長だった。しかし、いまや成長のフロンティアは無い。現代経済学のテーマは、経済成長なき社会発展なのだ。そのためには、経済成長のために作られた制度や社会通念、国家の機能などを見直さないといけない。これこそが、次世代文明研究所の主要テーマだった。

次世代文明。その軸となるのは、貧困の削減だ。ここで言う貧困とは、単に経済的貧困を意味しない。健康における貧困、文化的貧困、人間関係における貧困など、複数の軸を持つ多面的概念だ。

ただ、注意したいことがある。精神の標準化を企図する現在の精神科医療や、脳科学は危険分子として排除する必要があるということだ。

コロナ禍のいま、現代文明は急いで次世代文明に転換する必要があるのだ。経済学はその玉座社会学に渡すのだ。

現在、研究すべきは貧困である。うむ、健康における貧困で、国家が個人の健康に介入するというのも、いかがなものか。これは、文化的貧困、人間関係における貧困についても言える。そもそも、国家がどこまで責任を持つべきなのだろう。次世代文明研究所は、再起動しなければいけない。