ロバート空間

旧、次世代文明研究所別館

日本社会への嫌悪と反逆

日本社会って何だろう。いまだに、マスコミに支配された世界だ。社会秩序は保たれている。こんな状況なのに。

9年前、俺は精神障害者になった。そこから、自己破産、生活保護という転落だ。面白いはずがない。俺は、命以外のほぼすべてを失ったのだ。思考力も、集中力も、人間関係も。

いま、日曜日の朝。ハイボールを飲んでいる。これを、反社会的行為と言った医者がいた。馬鹿な精神科医だ。規範。規範。なんでも規範なのだ。そして、精神障害者には精神障害者の規範がある。社会の外側にも規範があるのだ。

精神病薬で低下した知能。失った情熱と集中力。そんな中で日本社会への嫌悪がつのる。反逆したいが、糸口が見つからない。生存条件と戦わなければいけばいから。

でもね、この嫌悪感と反逆の精神は大切にしたい。

それが無くなったら、おしまいだと思う。俺は戦う。どこまでも。