愚者の祈り

旧、次世代文明研究所別館

寝るでもなく、起きるでもなく

寝るでもなく、起きるでもなく、横になって一日を過ごす。おそらく、寝られないのだ。そんな日が続く。出掛けるのは買い物だけ。誰と会うことも、会話をすることもない。テレビは無いし、電話相手はいない。孤独、貧困、障害。

死にたいと思う。生きることに意味や価値を見出せない。もう、一般世界にはいないのだ。着替えも、食事も、ままならない。死を考えるのは、自然だろう。

そもそも、人生という奴に、それほど大きな意味や価値があるだろうか。インダストリアル化された官僚社会で、自己を商品化する生き方が、それほどに魅力的だろうか。

快楽は、そこにある。社会の中で機能すること。そうしてええいれば安全だ。生きては行ける。

資本。キーワードだね。すべては、資本のために。再生産のためにだ。

私は、50歳で障害を抱えた。そして、55歳で貧困になった。最後にやって来たのが孤独だ。今の快楽は食べることと飲むことだけだ。なんだ、まだ快楽があるじゃないか。

快楽といえば脳内物質だ。精神障害者の私は薬でドーパミンを遮断される。快楽を禁じられているのだ。嫌なら飲まなきゃ良い。ただ、制裁が信じられない形でやって来る。

ああ、睡眠の話だったな。寝ているか、起きているか、わからない状態というのは異常だ。しかし、これから、こういう日が続くように思えるのだ。

いま飲んでいる精神科の薬。インヴェガ、炭酸リチウム、レキサルティ、トリンテリックス、リフレックス、ベルソムラ。重症だな。

そう、感覚的には、俺は社会の外側にいる。境界にあるのが福祉。それは、現実として死に近いもの。