白井京月の研究室

経済学・社会学・政治学

研究室

東アジア有事への日本の対応

日本のマスゴミいやいやバカゴミと、あんぽんたん政府は、未だに幼稚園児でもわかる妄言「核廃絶」を口にするが、緊迫する国際情勢のなかで、そのような妄言は、失笑を買うどころか、世界中の人々を不快にする。 状況を簡単に整理しよう。 中国による台湾の…

躁うつ病の種類

さて、今日は「躁うつ病の種類」について書きたい。「精神病理学」という分野の話だ。 躁うつ病は、大きく2つにわかれる。 1.躁うつ病(マニック・ディプレッシブ・サイコシス) 2.双極性障害(バイポラー) また、周辺概念として、 a.気分障害、感情…

テオリアの生活

研究所は長い夏休みなのだが、流石にブログを全く更新しないというのも寂しいので、今日は、現在、校正中で、来年出版予定の「知識人のための36章」の間に挟むエッセイとして、「テオリアの生活」を書くことにした。 因みに今年は「ロバート劇場(復刻版)…

ちゃんちゃら可笑しいぞ、今の内閣。

笑いが止まらない。そもそも、新しい資本主義とは、成長なき社会発展のことだ。成長の時代は終わったというのが。世界の経済学の常識なのだから。 もう、万国博覧会に変わって、あるいは一緒に、爆笑博覧会をやれば良いと思う。 マジだぜ。大阪のカジノ構想…

ベーシック・インカム議論の基本

ベーシック・インカム(生活上必要な費用を一人一律に給付する形態の基本所得制度。以下BI)は、ややもすると制度として論じられている。制度として妥当か、制度のバリエーションにはどのようなものがあるか、実現可能性の問題としてBIへどう移行するの…

次世代文明の鍵

ドラッカーは30年以上前から「文明の分水嶺」という言葉を使っていた。この分水嶺が何十年になるのかは後世の歴史家が決めることだろうが、未だに新しい文明の形を明確に予測できる人はいない。もしも、確信を持ってその全体図を語る人がいるならば、それ…

模様替えですよ~

今日から看板を「白井京月の研究室」に変えました。 過去のガラクタはそのままに、走り出します。 よろしくお願いいたします。