日日雑記

嵐か、静寂か。

コロナの話ではない。私が4月5日に始めるネットビジネスの話だ。ネットビジネスと言っても特異なものだはない。ただの、有料メルマガだ。 しかし、私の中では緊張が走っている。気分は荒れている。静寂を装っている。煙草を吸っている。ハイボールを飲んで…

のんだくれ雑記

本来なら、コロナショックは文明の分水嶺になるだろうという視点からエッセイを書ければ良いのだが、今日はすでにハイボールで酔っぱらっている。 個人的な想念をざっくばらんに書いて、赤裸々な私の実像を見てもらいたい。 私。59歳。バツ2、子1。50…

白井京月ファンクラブ開設準備について

経済的に行き詰まっている。打開策が必要だ。 そこで考えたのが「白井京月ファンクラブの開設」だ。 手法は有料メルマガを使う。月3000円は高いだろうか。 内容はブログやカクヨムの裏話。特筆自己など、ざっくばらんに。 5人は集まると思う。月150…

いよいよ、カクヨムに賭ける

経済的に追い詰められている。 収入源は障害年金と時給100円弱の就労継続支援B型事業所。コンサルの看板は出しているものの、こんな奴にコンサルを依頼する奴はいない。とにかく収入が欲しい。投銭でもいい。 投銭はこちらから。 gentarou.com 去年、カ…

再び断酒

今朝、ふらついて転倒骨折した。たいしたことはなかったが、危ないところだった。 ふらつきの原因はアルコールだと、親友HT君が今日電話で教えてくれた。去年は、4ケ月の断酒に成功したのだ。今日から断酒だ。決意は、少し柔らかい。遺憾だ。もう59なの…

障害者が卑屈になる理由はどこにもない

世の中にはいろいろな人がいる。障害者の世話をするのが好きな人もいる。そして、卑屈な障害者を見て可哀想ねと同情するのだ。そういう私は障害者だ。ぜんぜん卑屈ではない。俺は障害者様だぞと威張ると、母は怒る。卑屈になれということだろう。障害者のこ…

トリンテリックス

トリンテリックス。日本では、昨年の11月に発売になった新薬だ。私は、12月からこれを飲んでいる。精神的には極めて安定しているし、よく眠れる。起きている時も寝ている感じだ。新型SSRIらしい。 躁うつ病の私は、20年間抗うつ剤を処方されたこと…

気力が出ない

やるべきことは分かっている。出版企画書の作成と、公式ホームページのメンテナンス だ。しかし、手をつける気にならない。 第一に、体調が悪い。喘息、腰痛、うつ等の精神疾患。来週も月曜と木曜に病院だ。内科、精神科、整形外科、眼科。 第二に、部屋の環…

「文明の文法」入手

文明の文法1 作者:フェルナン ブローデル 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 1995/08/11 メディア: 単行本 文明の文法2 作者:フェルナン ブローデル 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 1996/11/26 メディア: 単行本 久しぶりに知的な読書をします。 こ…

勤労が美徳である条件

昨日は、10年古いブログを書いてしまった。お恥ずかしいが、消さずに置いておこう。 現代はすでに、フリーランスの時代である。すでにいくつものネットワークがあり、ネットワークの作り方や管理のノウハウまでもが確立され、日々進化している。 この5年…

出版の話

今日は電話で、某出版エージェントの社長様と話をした。 厳しいな。批判はダメだって。敵を作るだけだと。俺のエッセイは全部ダメじゃないか。 そこで、頭を切り替えて「精神疾患の愉快な仲間たち」という新作でも書こうかと思ったが、さすがに拙いと思った…

人間らしい生活プロジェクト

遂に行政が介入した。当事者は私である。 布団の交換。そんな小手先のことじゃダメです。ラックを入れて、何でも紙袋から脱却です。人間らしい生活をしてください。準公務員の担当者から、そう宣告された。何人もが集まって、視察し、検討し、買い物から廃棄…

令和二年元旦の確信

令和二年元旦の確信。 今年は6年ぶりに出版する。「白井京月の36のエッセイ」。スポンサーがつきそうなのだ。と言っても、内容は2014年頃に書いたものがほとんどだ。以降、知能が低下したということだろうか。 「狂った季節」も本にしたい。「ショー…

研究所の運命

ながらく休眠していた「研究所」を、いじくってみた。 そして、出した結論は、研究は諦めるということだ。 人脈が無い、情報が無い、資金がない、能力が無い。成果を出せるはずがない。てなわけで、研究所は遊園地に変わるだろう。 今日は地活に行った。最終…

年末年始の予定がない

今日、27日(金)ガイドヘルパー 明日、28日(土)地域活動支援センター 29日(日)I氏と会う 30日(月)予定なし 31日(火)予定なし 1日(水)予定なし 2日(木)予定なし 3日(金)予定なし 4日(土)就労継続支援B型 5日(日)予定なし…

軽やかに生きる

これからの生活で悩んでいた。毎日、何をするべきか。それとも、しないべきか。肩に力が入って肩こりになった。頭が固くなった。何にも楽しくなくなった。 そこで、思ったんだ。明日は明日の風が吹く。明日、何をするのか決めるのは、やめようってね。 訪問…

人間嫌い

人に会うのが億劫になっている。社交的だった私が、人と会うのが疲れるようになった。もう、3日、就労B型にも、地活にも行っていない。うつの影響もある。しかし、このままフェイドアウトするような気もする。引き籠り。悪くない。 大勢の人の中にいられな…

社会的クラスタ

むしゃくしゃしている。数時間前は、うつだった。感情が動くというのは良いことだろう。電話。LINEのグループ通話。孤独に耐えられなくなっているのだ。 今日は当事者研究の論文を読んだ。そして思ったこと。もう、昔の社会的クラスタには戻れないのだと…

仕方ないじゃない。こんな病気になったんだから。

「仕方ないじゃない。こんな病気になったんだから」 LINEのグループ通話でのM女史の一言。 妙に響いた。 やりたい事だけやる。出来ないことは諦める。 M女史は頭が良い。 仕方ないじゃない。その発想は俺には無かった。なぜだろうと考えた。 悔しさは…

わかりました。諦めましょう。

学問。出来る状態ではないですね。ジスキネジアで舌が口から飛び出している顔を鏡で見て絶望しました。もう、無理です。 昨日書いた、自我の再生医療へのモチベーションも消えようとしています。こんな調子です。このブログもどこへ行くのか、中途半端ですね…

連句の会

地活では、毎月1回、連句の会がある。2年前から参加していたのだが、前回から捌きをすることになった。連句は捌きと連衆で作る、五・七・五・七・七、を繰り返す詩作である。国民文化祭にも参加するような、大きな組織もある。といっても、それを知ったの…

一度は捨てた人生だが

2015年1月。人生を捨てた。離婚。廃業。自己破産。転居。 すべて捨てた。学者として捨ててはいけない本を段ボールに20箱、ブックオフに出した。手許に残した本は10冊だけだった。 残りの人生は食べて行くだけだと思った。しかし、また、欲が出てき…

これから、どうするのか。

7月から就労継続支援B型に行った。いきなり自我が崩壊するは、アルコール依存症は大変なことになるは、大波乱だった。 転院した。新しい主治医は、A型ですかねと言う。違うだろ。俺は作家にして詩人、そして研究者だ。ただ、スポンサーがいないこともあり…

研究はどこへ行った

「障害と貧困の当事者研究」は終わった。当事者で無くなってしまったからだ。しかし、成果を整理してまとめる必要はあるだろう。貴重な論考になるはずだ。 次の研究テーマか。国家、家族、勤労、いろいろ興味はある。ふわふわねこさんは人類学だそうだ。あち…

揺れる、揺れる、激しく揺れる

軽快したことで、一般世界に復帰すると宣言した。しかし、そこからグダグダしている。今はもう、一般世界には戻らない方が良いと考えるようになった。リスクは大きいし、一般世界も楽ではないだろう。たしかに、楽しみはあるかもしれない。しかし、それもお…

就労継続支援B型、辞めました。

精神科主治医診察。作業が単純すぎるんですね。辞めましょう。A型ですかね。 そんな訳で、B型は辞めました。 思うに、私は我慢強すぎる。そのうえ、人が良すぎる。これは大変な欠点だと気が付きました。 これからの日常設計をどうするのか。慎重に考えたい…

突然ですが、軽快しました。

精神的に完全に正常な状態になりました。軽快です。心地よいくらいです。理由は分かりません。薬は飲んでいます。 生活態度も、未来に対する思いも変わりました。こだわりが無くなりました。脱出。そう、閉じ込められていた場所から脱出した感じです。 出版…

日常を問う

就労継続支援B型事業所に行くこと、地域活動支援センターに行くこと、どちらも何かが違うと感じるようになった。一般就労は主治医が何と言うかわからない。いや、体力的に一般就労は無理だろう。では、一日家で寝ているのか。 お金があれば、毎日、十三に将…

虚しさを味わう日

朝、7時に目が覚めた。快調である。服薬し、8時半に丸ちゃんが来る。もう一人の訪問看護師は、もう来ないことになった。チョンボの言い訳で気まずくなったからだろう。昔話に花が咲く。バイタルも異常なし。就労継続支援B型事業所に行く。 なんとなく朝礼…

激動の神無月

激動としか言いようがない。頻脈発作で救急搬送された。従前の治療の誤りがしてきされた。精神科で心臓に良くない薬が大量処方されていることが発覚した。急遽、精神科を転院した。薬局も変わった。処方が変わった。 24歳の彼女が出来た。彼女というより女…