ロバート空間

旧、次世代文明研究所別館

日日雑記

私が私であるために

リフレックスの処方が増えた。最大量の45mgになった。眠前に飲めという。まったく効かない。当初あった強い眠気など微塵もない。 解離あるいは離人感が出て来た。私は誰なんだと思う。昔の私とのあいだに同一性がない。薬の副作用ではないのか。 断薬し…

人生は終わっているのか

昨日、ケースワーカーから電話があった。施設に入りませんか。探してあげるよ。神戸にはない。兵庫か大阪。という話。 確かにその方が安全かもしれない。自由がなくなると反対する人もいるが、お金の無い人間に自由などない。しかし、問題は酒とタバコだ。ア…

大転換

大転換だ。私の中から、精神障害者意識が消えた。就労継続支援B型だ、地域活動支援センターだ。私の行く所ではないでしょ。俺は、騙されていたんだ。障害者世界で生きるしかないとね。 そこは、私が生きる場所ではなかった。確かに俺は精神障害者だ。しかし…

後悔・障害年金の代償

転落した。第一のきっかけが単身赴任(パワハラ)と発病。第二のきっかけが退職。第三のきっかけが障害年金と障害者手帳の取得。第四のきっかけが離婚。そう、きっかけぐらいは私が作ってあげる。今の悩みは精神障害者意識から離れられないこと。もう、一般…

最近の俺

喘息は快方に向かっているようだ。めでたし、めでたし。 それよりも、リフレックスを飲み始めてから、思考が消えたことの方が問題だ。思考以前に言葉が出てこない。 もっとも、生きるうえで知性は重要ではなく、ルーティンが出来ていれば問題ないという考え…

リフレックス

リフレックスを飲みだして2週間以上経つ。何も考えられなくなる。膝がむずむずして気持ち悪い。それでも飲む。 脳内のノルアドレナリン・セロトニンの神経伝達を増強することにより、気分を和らげ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。通常、うつ…

人生は終ったのか

昨日、高校将棋部のT先輩に、お前は体力も資本もない。もう何か出来るなどと思うな。人生は終ってるんだ。と、言われた。そう言われれば、そんな気もする。目白の叔父さんも似た考えだ。はやく施設に入れという。 今日は、朝から訪問看護。極めて死にたくな…

今日は徹夜だ

断薬の影響か、今日は眠気が来ない。命と心の相談ダイヤルが繋がり、40分ほど話をした。その内容を含めて、記録しておきたい。 障害者と健常者を分けるもの。それは白旗を上げるかどうかだ。白旗とは障害者手帳と障害年金だろう。昨年、この認識で、某PS…

睡眠障害

いま、2021年7月2日 金曜日、午前4時30分。 昨夜は10時前に寝た。午前2時半に目が覚めた。それから、コンビニに行ってハイボールを2本買った。いま、飲んでいる。 日曜と水曜は、まったく眠れなかった。訪問看護師はアルコールが悪いと言う。そ…

日本社会への嫌悪と反逆

日本社会って何だろう。いまだに、マスコミに支配された世界だ。社会秩序は保たれている。こんな状況なのに。 9年前、俺は精神障害者になった。そこから、自己破産、生活保護という転落だ。面白いはずがない。俺は、命以外のほぼすべてを失ったのだ。思考力…

インド・ネパール

インド・ネパール料理の店、スマイル・スリヤに、2日連続で行った。 1日目、ランチセット。日替わりカレー(きのこ) 2日目、Aセット。バターチキンカレー インド人たちがやっている店だ。辛くない。うん、辛くない。 今日行ったら、3日連続か。いくしか…

結局、日日雑記も書く

俺は誰なんだ。黒崎宣博か白井京月か。 ここでは、黒崎宣博に変えたつもりだった。しかし、うまくは行かない。思うようなエッセイが書けない。1日のアクセス数も、100台から、10以下に落ちた。更新の無いブログほど、意味の無いものはない。名前なんて…

次世代文明研究所別館の復活

昨年の10月に看板を「ある愚者の生涯」に変更したが、昨日、元に戻した。 復活である。 次世代文明研究を再開する。鍵は多面的な貧困だ。 facebookページでは「黒崎玄太郎研究所」がある。 楽しくなければ、仕事ではない。 さあ、前へ。

今日の堕落

午前0時半起床。ベルソムラを飲んだが眠る気配なし。午前2時、ハイボールを買いにコンビニへ。今、飲んでいる。財布の中は100円。これで、午前10時まで。厳しい。タバコが切れている。 某NPO法人の代表に、人間の最後の砦は金銭管理能力だと言われ…

立ち直って欲しい

「立ち直って欲しい」 これほど無神経にして、無配慮な言葉があるだろうか。それも精神科看護師の言葉だとしたら。 立ち直るとはどういうことなのか。現状では何がいけないのか。立ち直れないから障害者なのではないのか。この発言は無知の極みだ。 こんな奴…

贅沢日和

毎週月曜日はガイドヘルパーに付き添われての通院。今日も内科に行った。卵だけでなく、肉と野菜を食べましょうとのこと。なら、お金をくださいとは言わなかった。 コンビニでお金をおろし、薬局で薬を貰って、向かった先は喫茶店。 久しぶりの贅沢だ。タバ…

エイプリルフール

エイプリルフールです。 コロナは怖くないとの政府広報が出ました。マスクは禁止です。ワクチンは返品です。オリンピックは開催します。 ああ、想像力に欠けるな。 光が見えたので、船長はモールス信号を送った。 「こちらは軍艦だ。航路を変えなさい」 すぐ…

精神科の断薬問題

以前、断薬したと書いたが、1週間で終わった。服薬を始めたのだ。理由は、あまりに眠れなかったから。 ある人に言われた。服薬したり、辞めたりするのが一番悪いと。断薬は2年がかり、意思の問題だと。 ある人に言われた。断薬は自主的に薬を捨てればいい…

断薬という冒険

精神科の薬は怖い。確実に脳を破壊する。私も破壊された。しかし、脳には可塑性がある。今からでも遅くはない、断薬しよう、と思ったのが先週。インヴェガ(リスパダールの活性代謝物)は嫌なのだ。 もちろん主治医には言わない。訪問看護師にも言わない。面…

地域活動支援センター

今月初の地域活動支援センターだ。ガイドヘルパーさんに付き添われ、雨の中、歩いてきた。途中、コンビニでお金をおろす。午前7時起床。すでに、ハイボールを2本飲んでいることは内緒だ。 地域活動支援センター、通称「地活」。いわば障害者のサロンである…

退職から10年

2011年2月20日付、定年扱いで50歳で退職。あれから丁度10年。いろいろあった。あり過ぎた。昨日はM氏に以降の出来事を克明に訥々と語った。面白いと言ってくれた。私もそう思う。それは、小説になる。カクヨムに書こうか。 2011年。会社を辞…

意味のない義務感からの解放

去年の3月末から、カクヨムに「白井京月の精神疾患日誌」を、ほぼ毎日書いていた。しかし、306話で力尽きた。書くことが苦痛になった。最近は意味のない義務感で書いていた。収入。カクヨムリワードで、10年やれば、3000円になっただろう。そんな…

お金と元気

行き詰まって、信頼できるNPO法人の理事長S氏に電話した。 「元気が無いのは、お金がないからや」 単純明快である。 いろいろ話をした。 「まあ、何とか生きてるんやな。次、会うまで生きときや」 この人と話をすると、気が晴れる。不思議なことに。 元…

ハイボールと還暦の私

いよいよ、本格的に還暦になった。誕生日を迎えたのだ。そして、朝からハイボール。朝ハイである。 思えば、2018年から、ハイボールに泣かされた。アルコール依存症と言われ、シアナマイドまで飲まされた。2019年、転院。2020年、入院。それでも…

死を想う

去年の6月、内科医と次のような会話があった。 「余命1年くらいですかね」 「それくらいかな」 内科医が正しいとすれば、今年の6月には死ぬはずだ。ずれても、年内には死ぬだろう。それなのに、いまさら入院。日常生活不能だから。酒もタバコも無くなって…

入院が決まって

入院が決まって、気分は単純だ。何もない。それに尽きる。精神科医療保護入院。相続。確定申告。施設入居。道は見えている。それが生きる術の全て。生きるとは。そんなことを考えなくなること。今日は昼にレタスサンドを食べただけ。夕食は未定。今日の相続…

決断の条件

調子は最悪だ。 1.身体が動かない 2.便失禁がとまらない 3.食欲がない 4.ハイボール(1日6本)が減らない 外野は入院を勧める。母親までもだ。入院については、以下のパターンがある。 a.内科入院 b.精神科入院(医療保護) c.入院はしない …

真夜中のうんこ漏らし

正月早々、不潔な話題で申し訳ない。実は、もう、1ケ月以上、夜の便失禁(うんこ漏らし)が続いている。出るかと思ってトイレに行く。きばる。出ない。ベッドに戻る。緊張が緩む。ドピュー。毎回、このパターンだ。 紙おむつをしているので、大きな被害はな…

晩年を意識したとき

朝、コンビニの帰り、家の鍵をあけようとしたとき、腰が曲がっているのに気が付いた。老いたな。もう老人だな。壮年ではないな。そんなことを思った。 コロナ。インフルエンザより怖くないコロナ。それで、皆マスクをし、社会がパニックを起こしている。これ…

パソコン復旧

昨日、パソコンが復旧した。それで。将棋。未来に意気消沈しているのだ。今日もハイボールの嵐。そして、土日のお金がない。最低な野郎だ。それで、目標はノーベル賞。笑える。いや、狂っている。余命は1年なのだ。 「知識人のための36章」を本にしたい。…