愚者の祈り

旧、次世代文明研究所別館

私らしさとしての狂気

最近は狂気が見当たらない。リフレックスで、ひたすら馬鹿になった。妄想も興奮もない。治療が成功しているのだろうか。

しかし、思う。私らしさとは狂気ではないのかと。治療の成功を喜んで良いのかと。

ああ、狂気が懐かしい。戻ってこい狂気。などと書くのは狂気の沙汰なのか。

分からない。偉そうに「21世紀の構図」を書いていた頃の自信がわからない。

もう、戻れないのか。私は消えたのか。どうなっているんだ。インヴェガが悪いのか。回復は見えない。なんとなく、損をした気分。狂気。これがないと俺じゃないよ。