障害者は可哀想か

微妙なテーマだ。まず、可哀想という心情についても、いろいろあるというところを押さえないといけない。憐みと優越感。絶対的な差異。幸運と不運。回復しないもの。

 

私は5年前に障害者になった。病状が変わったわけでもなく、行政の相談員に勧められて障害年金障害者手帳を申請したのだった。それが、一般世界から障害者世界への移動を意味するとも知らず、軽い考えで申請した。なにも、一般世界が素晴らしく、障害者世界がダメだというつもりはない。しかし、私は障害者世界に無知だった。

 

障害者手帳を取ってから、一般世界で転落した。仕事がうまく行かなくなった。自分が障害者だということに違和感を持った。事実上、障害者になってからは、仕事はしていないと言って良い。

 

後悔が無いと言えば嘘になるだろうか。今はもう、一般世界に未練が無くなった。障害者世界で楽しく生きる。そうは言っても、日常生活にさえ不自由しているのだが。

 

本題に戻ろう。私は昔、可哀想だと思う気持ちを差別的で失礼なものだと思っていた。逆の言い方をすれば、だれかが可哀想だと思ったことが無かった。しかし、3年前の入院で、すっかり考えが変わった。自分のことを可哀想だと思って欲しくなったのだ。人間として弱ったのだろうか。それとも、世界の景色が変わったのだろうか。

 

日本には、身体、精神、知的で約700万人の障害者がいる。障害の中身も程度も様々だが、概ね貧困と結びつく。本当に人それぞれだが、一般世界で生きている障害者は極めて少ない。多くが障害者世界で生きるか、ないしは孤立している。

 

可哀想。人ごとではない。人口の5%以上は障害者なのだ。明日は我が身かもしれない。その時、あるいは今、貴方は障害者は可哀想だと思うだろうか。貴方が障害者なら、可哀想と思って欲しいだろうか。

 

かっこをつけていても始まらない。障害者は可哀想なのだ。だから健常者には上から目線でもいいから、障害者は可哀想という観念を持って欲しいのだ。これを、間違った考えだと言う人もいるだろう。考え方はいろいろだ。チャレンジドなど寝言的言い換えだと思う。実態はそんなに甘くもなければ、綺麗でもない。障害者は可哀想か。これが難しい問いに思えるのは私だけだろうか。

明日は病院に行こう

明日は水曜日だ

病院に行こう

心電図だ

女医さんは別品だ

また、点滴だ

ベラパミルを切らしたから

それだけのために行くのだ

金曜日にもまた行くのだ

プレドニン、ジゴシン、カルベジロール、アドエア

今度は入院の相談だ

苦しくて歩けないんじゃ、生活できないよ

明日は病院に行こう

女医さんは別品だ

おい、目的を間違えるな

薬をもらいに行くんだぞ

ちゃんと薬を飲むんだぞ

セクハラはダメだぞ

不整脈を馬鹿にするな

俺を馬鹿にしろ

なぜ?

馬鹿だから分からない

明日は病院に行こう

 

異次元への飛躍

芸風を変えてみよう。俺は超のつく俗物だ。知的劣等感の塊だ。性的には劣等感を越えて不能者だ。社会的には底辺だ。ふむ。告白したな。よしよし。

でだ、結論は面白くなければブログではないだ。内容はともかく、面白いかどうかがすべてだと今頃気がついた。まあ、何が面白いかは人それぞれだが。

21世紀になってから10回入院した。俺にとって病院は居心地の良い場所だ。女医さんは美人だし、看護師はセクシーだ。ふむ、これは顰蹙だな。俺が有名人なら炎上するな。ああ、有名人になりたいような、なりたくないような。躊躇い。これが俺の悪い癖なんだ。そうかな。

次世代文明。どこで、そんなものに憑りつかれたのだろう。現代文明の胡散臭さに嫌気がした。なんて単純なんだ。ただの馬鹿じゃん。

ああ、異次元への飛躍だったな。薬で知能が低下し、貧困で本も買えなくなった私は、やることがなくなりました。ええ、どうするの。

だから異次元に飛躍するのです。例えば、今まで以上に意味不明な詩を書く。

いや、違うな。考えたら負けなんだよ。痛いな。

フロンティアが必要だな。キッチュでナードなのが好みなんだけど、その知性は失われたな。やっぱり復活しかないのか。知的劣等感にか。それも嫌だな。

で、なんで俺は今、ブログを書いてるんだ。何かを求めているんだろうな。異次元への飛躍とか。

わかった。みんな世界で生きているんだ。だから世界が大切なんだ。僕たちは世界に関わっているんだ。ふむ、小学校以前だな。退化もここまで来たか。

意識の次元。何次元あるのだろう。昔の方が、確実に次元が高かった。ここは衰退ブログか。そうはしないぜ。異次元に飛躍するんだ。

貧困層による貧困層のための哲学とかね。

ああ、貧困から脱出したい、と思ったらダメなんだ。貧困、楽しいよ、やめられないね、になるのが幸福。幸福なる貧困を目指すか。現実的だ。

予備選考で落ちてしまった

詩と思想新人賞」の発表が行われた。私の「愚者の祈り」は予備選考で落ちたようだ。応募総数210。まあ、難解な詩が好まれるようだ。ちょっと損をした感じ。それも経験だろうか。

 

高プロラクチン血症に悩まされている。リスパダールの副作用だ。性機能障害(射精・快感障害、勃起力低下、性交不能等)が症状だ。これはキツイ。今日は頑張って久しぶりに射精したが快感はまったく無かった。また、精液特有の匂いも無かった。

 

もうね、生きていて楽しいことが無いんだよ。お金もないし。そうそう、同じ薬の副作用でレストレスレッグス症候群にもなっている。膝がムズムズして歩けないのだ。

 

さらに、不整脈と喘息。まずは体調を何とかしないと、生活どころでは無さそうだ。

 

さらにさらに、今日は上の階から水漏れ。管理会社が来て大騒ぎになった。損害賠償を請求できるのかな。

 

何となく真理に迫っている。貧困問題を考えるのは貧困ではない人だということだ。貧困になるということは問題意識を失うということだ。そう断言して良いかどうかは分からないが、私はそう感じている。

 

つまり、私は問題意識を失ってしまった、と。悲しい現実。復活はあるのか。お金あっての命ですよ。それが真実。