読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホリスティックライフ

2016年10月1日付で解散した「次世代文明研究所」を本日付で復活させた。

研究員は誰もいない。ユニークだろ。(笑)俺は顧問だ。

 

次世代文明のテーマとして、ホリスティライフというのは相応しいと考える。そこで、ブログ村のカテゴリーは、そのまま「Energy Flow」として登録しておく。

 

問題は何を書くかだ。私は他に二つのブログを持っている。一つが「狂月日誌」もう一つが「文学秘密基地@白井京月」だ。

 

瞑想ね。あまり書くことが無くてね。もっとテリトリーを広げないといけないな。やっぱり「はてな」らしくコラムを復活させるか。まあ、とにかく狂気の復活だ。狂気を突っ走れ。そこに正気があるかもしれない。勝機と商機だ。さあ、鍵は開いた。

ヘッド・スパ

元常連だったカフェに、ヘッド・スパのオーナーさんの女性がいる。挨拶する程度で、会話をしたことはないのだが、ふと思った。頭をスッキリさせるだけなら、瞑想よりもヘッド・スパの方が確実で良くないか? まあ、お金はかかるけど。

 

いや、それじゃあこのブログの存在理由が無くなる。瞑想だよ、瞑想。頭スッキリ瞑想だ。

 

無常無想。やればできる。しかし、その方法をどう伝授するのか。実践しかないだろう。月1回、瞑想の会をやろう。ビジネス・パートナーと相談だ。俺は商品になるのか。それは嫌だな・・・。

 

宗教的より医学的、科学的が良い。脳波測定器は40万円程度からあるようだ。まあ、まずは私の頭をスッキリさせないと。スタートはそこからだ。

 

と、ここまで書いて、気が付いた。脳波測定には臨床検査技師の資格が必要だということに。嗚呼、そう。

 

と、それでもダメらしい。臨床検査技師は医師の指示で仕事をしないといけないから。ああ、医者を抱き込めってか。無理だな。

さらば心理主義

数年前に、新興心理学批判を書いた。心理学万能主義に警鐘を鳴らした。こころの商品化を痛烈に批判した。その私が、霊からのメッセージを受け取りたいと思ったばっかりに、怪しい心理系の世界に引きずり込まれていった。

 

瞑想家はやめない。ただし、頭がスッキリするというだけの瞑想だ。それで、人生の問題が解決するわけでもないし、人格の次元が上がる訳でもない。

 

それにしても危険な世の中だ。ちょっと「霊」などと口にすると、霊とは何かという指導者が次々と現れる。そういう著書は山のようにある。そういう本なら、読まない方がマシだと思う。

 

幸いにして、成功や幸福という言葉が嫌いな私は、迷宮に入らずにすんだ。態勢を立て直して「スッキリ瞑想」に取り組もう。

 

辿り来て、いまだ山麓

再び無想へ

何もしていない。

何もすることがない。

何もしたいことがない。

 

過去を封印した。

もう、世俗の思い出は捨てる。

ようやく、新しい世界へ来たのだと実感する。

 

再び、無想の境地で瞑想している。

まったく何も考えない。

 

理由も原因もわからない。

ある種のバイオリズムなのだろうか。

 

いまココ天国

そんなブログを見つけた

そういう時は、しばしばある。