貧困ハッピー

今の日本ではな

月12,3万円で生活する人たちを貧困層と言うんだ

可哀想だと思うだろ

なに、思わない

どうせ、酒飲んで、タバコ吸ってるって

そういう人もいる

いろいろじゃわ

でもな、俄かに、貧困ハッピーがブームなんだよ

高度成長なんて大昔

バブル景気も大昔だ

仕事で長時間拘束されるのだけは勘弁

これが貧困ハッピーの背景かな

いまや経済成長なんて死語

貧困ハッピーの思考と技法が重要なんだ

明るく元気な貧困ハッピー

余裕で楽勝、貧困ハッピー

日本に広がる貧困ハッピー

時代は変わりますよ

回復はあるのだろうか

私が重篤な精神疾患で、治療中であることは以前から公言している。主治医に言わせれば、今は安定しているそうだが、私はこれでは困るのである。

好奇心を失い、問題意識が無くなり、思考力と集中力が無い現在が安定している? それでは、そこらへんのオッサンじゃないか。

さらには、文章を書いていた時が躁状態だったんじゃないですか、とまで言われた。ならば、いったい私は誰なんだ。過去の人格の全面否定だ。

貧困も相まって、何もできない状態にするのが精神科医療の「仕上げ」なのでしょうか。冗談ではない。

私は知能の回復を望んでいます。
私は思考力の回復を望んでいます。
私は経済的な回復を望んでいます。

精神科医療はこれらの希望に応えるつもりは無いと言うのか。

ゆっくりで良い。何とか回復したい。そうでないと、そこらへんのオッサンじゃないか。認めがたい。主治医は凡庸を目指せという。凡庸にも幅がある。

まあ、妄想を伴う躁うつ病に統合失調が混じってきた。昔のように回復することはないだろう。ただ、別の回復があると思う。もう、祈るだけだ。

ワンワンと鳴いて、統合失調を装っている場合ではない。本当に別人格が出て来る予感がしている。人格論。人格は時と共に変容するだろう。ワンワンが出るのは、今の人格が本来のものではないことへの警告かもしれない。回復には、まだ時間がかかりそうだ。

グシャグシャ

愚者は愚者でグシャグシャだから

寝ると、食べると、呼吸をするだけで

なんとか晴れてくれと祈るばかりで

お金が無いと嘆くばかりで

いっこうに働こうとはしない

働いても、すぐにクビになるからである

愚者だからだ

それでも日本には憲法25条の生存権がある

もっとも憲法はなくても生存権はあるだろうと愚者は思う

愚者にもその程度の知能はある

今日は愚者が眠れない日だ

新月の夜は眠れないのだ

眠れない日が続くと頭が冴えわたる

嘘のような話だが本当なのだ

この世の悪の陰謀の全貌が陰嚢のように見えてくる

そして愚者は祈る

悪しき労働の無い世界を願う

異次元の未来へと飛行する

愚者は一人ではない

愚者達はクルーだ

まだ見ぬ世界を描き、祈ること

グシャグシャになった頃が食べ頃だ

少しは歯応えがあった方がよろしい

今日の愚者達は嵐になれと祈る

理由は・・・野暮だよ

 

福祉業界が就労という絵に描いた餅で肥大化している件

福祉業界が就労という絵に描いた餅で肥大化している件。

自立支援とか、新しい公共という概念というよりも言葉を使って、福祉の対象者(障害者や生活保護受給者)に、いろいろなサービスを提供し、ステップアップして、最後のゴールが就労なんだそうな。

しかしね、就労できるのはレアケースですから。

それに障害者の場合、就労したら企業側にお金が行く仕組みなんですね。それが社会保障費に含まれるのだからお笑いです。いえ、笑えませんね。

結局ね、制度改革でできたことは福祉業界の肥大化。福祉業界の雇用創出ですよね。

就労って、そんなに喜ばしいこと、あるいは人間としての義務なんですかね。

何度も書きますが、労働はある時には聖なるものと美化され、ある時には刑罰として与えられ、また、年収という形で格付けの道具にもなる。

今からビジネスを始めるなら、就労継続支援B型なんておいしいですよ。障害者が一人1日来てくれれば約6000円行政から支給されます。10人なら1日6万円ですね。本人には1000円も払いません。日本にはそういう世界、そういう制度があるのですよ。

社会福祉法人も凄い勢いで増えて、1万7千くらいあります。最低でも1億は持っていますから、2兆円規模の資本金と考えて良いでしょう。それがどんどん肥るのです。

まあ、就労は建前と割り切り、サービスの恩恵に預かるのが賢明なのでしょうか。

とりとめの無い文章になりましたが、最後に一言。

「福祉業界よ、就労という絵に描いた餅を振り回して商売するのも、いい加減にしましょうよ」