異次元への飛躍

芸風を変えてみよう。俺は超のつく俗物だ。知的劣等感の塊だ。性的には劣等感を越えて不能者だ。社会的には底辺だ。ふむ。告白したな。よしよし。

でだ、結論は面白くなければブログではないだ。内容はともかく、面白いかどうかがすべてだと今頃気がついた。まあ、何が面白いかは人それぞれだが。

21世紀になってから10回入院した。俺にとって病院は居心地の良い場所だ。女医さんは美人だし、看護師はセクシーだ。ふむ、これは顰蹙だな。俺が有名人なら炎上するな。ああ、有名人になりたいような、なりたくないような。躊躇い。これが俺の悪い癖なんだ。そうかな。

次世代文明。どこで、そんなものに憑りつかれたのだろう。現代文明の胡散臭さに嫌気がした。なんて単純なんだ。ただの馬鹿じゃん。

ああ、異次元への飛躍だったな。薬で知能が低下し、貧困で本も買えなくなった私は、やることがなくなりました。ええ、どうするの。

だから異次元に飛躍するのです。例えば、今まで以上に意味不明な詩を書く。

いや、違うな。考えたら負けなんだよ。痛いな。

フロンティアが必要だな。キッチュでナードなのが好みなんだけど、その知性は失われたな。やっぱり復活しかないのか。知的劣等感にか。それも嫌だな。

で、なんで俺は今、ブログを書いてるんだ。何かを求めているんだろうな。異次元への飛躍とか。

わかった。みんな世界で生きているんだ。だから世界が大切なんだ。僕たちは世界に関わっているんだ。ふむ、小学校以前だな。退化もここまで来たか。

意識の次元。何次元あるのだろう。昔の方が、確実に次元が高かった。ここは衰退ブログか。そうはしないぜ。異次元に飛躍するんだ。

貧困層による貧困層のための哲学とかね。

ああ、貧困から脱出したい、と思ったらダメなんだ。貧困、楽しいよ、やめられないね、になるのが幸福。幸福なる貧困を目指すか。現実的だ。