深夜の長電話

最近、いろいろな人から電話が来る。今日は、久しぶりに統合失調の30代女性、Sさんから電話があった。頭の良い人だ。会話はポンポン弾む。結局、1時間以上、話をした。

宗教的な話が多かった。占いもあった。守護霊と呼んでいた中島氏は補助霊で悪霊だと言われた。霊と対話できる能力は認められた。

なんだか怪しい電話だな。でも、元気が出た。私は復活するらしい。入院はダメだと言われた。60まではSさんが支えるとも言った。衣食住の危機管理の話だ。

Sさんは本当に頭の良い人なのだ。私も、ラーメンやすき家をご馳走になったことがある。家に来るときはいつも、コーヒーの1Lを持って来てくれた。うむ、頭が良い説明になっていないな。

私の解離性障害についても理解してくれた。ピアの力だ。

たばこで喉がやられていると言われた。たばこを控えろと言われた。酒もたばこも辞めようとは言わない。現実主義なのだ。

Sさんと電話をする前に、Cさん(女性)と、20分ほど話をしていた。無理をしてはいけない。嫌なことはスルー。そんな時もあるさ。いろいろ話をしてくれた。

私は気を使いすぎなのだろう。疲弊する理由は、そこかもしれないと思った。

Sさんによると、チャンスは来るという。それを上手くつかんで離さないことだと言う。イメージがわかないが、とにかく体調を整えよう。

昨日は原因不明の疲労だったが、電話で元気が出た。ピアの力だ。

明日は大雨。午前中はヘルパーさんが来るし、B型は初欠勤で良いだろう。休養日だ。

そう言えば、Sさんに、意識の理論をレポートにまとめろと言われた。キツイな。しかし、面白い展開ではある。少しは頭を使ってみようか。

ああ、講演会ね。Sさんか。まあ、のんびり行こう。まずは体調を整えないと。

8年間の怠惰というツケは小さくない。60迄は運気も上がらないらしい。

シナリオ。黒崎玄太郎研究所の収益で生活できれば問題ない。それくらい、出来るだろ。な。