全日本喫煙飲酒自由党

私は喫煙者である。タバコは美味い。たばこは文化だ。

私は酒(アルコール)が好きだ。酒は美味い。酒は文化だ。

それなのにWHOとやらは酒とタバコを禁止しようとする。これは反文化的団体ではないのか。命や長寿がっそれほど大事かね。タバコも酒もダメというのなら死んだ方がマシなのだが。

悪いのは大量摂取の依存症であり、アルコール中毒とか言われる病気だけだろう。一般的な飲酒者は何の問題もない。肺がんや糖尿との相関だって。肺がんにいたっては相関が無いことがデータとしてある。糖尿も量の問題だ。適性飲酒が身体に悪いはずがない。タバコだってストレス解消という効用がある。ストレスほど身体に悪いものは無いのだ。

酒はともかく、喫煙者へのいじめはどんどんと進んでいる。喫煙場所は隅に追いやられ、今度の法律では飲食店での喫煙が全面禁止されるらしい。グローバルスタンダードか何か知らないが、この反文化的風潮の影響が日本にも来ている。これは、個人的にだけでなく、思想的にも許し難いことだ。

喫煙権を守れ、飲酒権を守れ、自由を守れ。

もちろん、飲酒運転を認めろとか、未成年者の喫煙を認めろというのではない。禁煙場所ももちろん認める。ただ、それならば喫煙場所も認めろと主張する。そういう政党を作るしか無い。いや、作ろう。

比例区なら、絶対に戦える。勝てる。真剣に組織化、正当化をする人物は出てこないものか。選挙参謀。それはギャラ次第でやっても良い。

今日はゴールデンウイークの最終日。朝から酒を飲んで、軽く書いている。

大きなテーマだと思うよ。

命と文化、健康と文化のどちらが大事かは個人の信条の問題だ。WHOは反文化的団体だ。もちろん利権だ。これ以上、医療産業を肥大化させる必要はどこにもない。文明の文法を解体せよ。