僕は廃人になっていた

風呂に入らない、服を着替えない、顔を洗わない、髭を剃らない、もちろん仕事はしていない。臭い、汚い、みっともない。あれ、廃人じゃないか。僕は廃人じゃないか。

なにが貧困と障害の当事者研究だ。ぜんぜん研究していないぞ。データもなければ、深さもない。行き詰まっているだけじゃないか。

病状が思わしくないんだ。ゴールデン・パニック以降、鬱になって、入院したくて、出来なくて、死にたくて。

ずっと前から廃人だった気がする。2015年7月の自己破産前から。僕は、廃人だった。回復とか、復活の意欲もない。本当に死にたいんだ。ああ、弱っているね。

病院を変わって1年が過ぎた。アルコール依存症の治療もしている。統合失調感情障害。病名が変わった。躁うつ病ではないらしいよ。

好きな人がいる。日曜日に久しぶりに会った。タバコを吸うんだね。ますます好きになった。あ、僕、廃人だからね。

病状。とにかくしんどい、だった。内科領域ではないと言われた。道路で横になった。いままで座り込むことはあっても、横になることは無かったよ。廃人の本格化だ。

何が書きたいんだろう。とにかく、僕は廃人になっていた。自覚が生まれたんだ。なんとかしようよ。