ある愚者の生涯

旧:次世代文明研究所別館

意味のない義務感からの解放

去年の3月末から、カクヨムに「白井京月の精神疾患日誌」を、ほぼ毎日書いていた。しかし、306話で力尽きた。書くことが苦痛になった。最近は意味のない義務感で書いていた。収入。カクヨムリワードで、10年やれば、3000円になっただろう。そんなに生きていないわな。余命半年なのだ。

最近では、胃液を吐いた。先週のことだ。胃がやられている。食べ物を食べていない。食欲もない。食べるのが怖い。

そして、ハイボールだけを飲んでいる。ますます胃がやられる。追い打ちをかけているのは私だ。

そのうえ、金欠ときている。1日1500円。タバコ2箱とハイボール5本で、1800円だ。300円の赤字である。食費は、ゼロだ。

いや、本当に厳しい。そういうブログか。

そういえば、貧困と障害の当事者研究をやっていたな。まだ、アルコール依存症になる前の話だ。ああ、もう1本。我慢できない。