自我は仮想だから、それで

不思議な議論があるものだ。動物の自我は本能としての実態であり、人間の自我は言語を介在とした仮想だというのだ。動物に言語がないだって。それこそ想像力の欠如だろう。その証拠に、俺は犬だが日本語が出来る。あ、冗談だからね。

自我か。最近のエントリーで、この語彙が頻発しているな。傷ついた自我。不安定な自我。自我の再生。

この8年で、あまりにも大きく環境が変わった。この変化に、自我がついてこれないのだ。そろそろ安定させないといけない。

いまの自分でよしとできないかなあ。加納氏の言葉。刺さった。精神障害者として障害年金を受給し、就労継続支援B型に通い、月2000円の工賃をもらう。通院、訪問看護、ヘルパー。多くの社会的資源を利用して生活する。それで良いじゃないですか。

ふむ、薬の影響で、小説も、詩も、書けなくなった。仕方ないですよ。ボチボチ行きませんか。

いや、怯えているのだ。貧困への恐怖だ。渡されるお金は分かっている。それでも、管理がうまく行っていないのだ。ここをクリアすれば、精神的にはかなり安定すると思う。

念のため書き添えると、私は通帳と印鑑を社会福祉協議会に預けている。私の手元にくるのは、週9千円だけなのだ。元の口座には預金があるのだが、特別な理由がないと小口の口座に振り込んでもらえない。躁状態で金銭管理能力を失った経歴から、この体制になった。これも福祉である。

そうだな。再び小説や詩が書けるようになると世界が変わるだろうな。ああ、だから、いまのままで良いんじゃないですかって。刺さってますよ。

欲望。行き場を失った欲望。それは毒として自我を棄損するようだ。

まあ、何だな。自我は仮想だから意外なことに扱いやすいんだ。コーチングやカウンセリングのテクニックはそれなりに有効だね。

主治医は言うんだよ。安定が大事だってね。おいらはトランスポゾン人間なんだけど、それも賞味期限切れかな。

日日雑記か。今日は9時半に訪問看護師さんが来て、車でB型作業所に送ってもらった。それから1時間ほど作業。100円の昼食をいただいて早退。その後のことは省略だ。帰宅して、まったり。LINEのグル通もしたな。

明日も訪問看護で、そのあと移動支援。お好み焼きを食べに行く。いいだろ。

自我ね。ド派手な転落を知って欲しいというのは、どういう心理なのかな。同情を誘いたいんだろうね。あるいは馬鹿ねと笑われたいとか。

とにかく自我が不安定なのは拙いよ。弱気になって入院願望が出る。問題は不安定の理由だな。薬が怪しい。インヴェガを減らさないと。それだけじゃないけどね。きっと。

存在証明。承認欲求というよりも存在証明だな。だから講演なんて計画するんだ。溜まっているものを吐き出したいんだ。それは自我の安定に繋がると思う。過去をどう評価するのか。そこがブレていると拙いんだ。傷は癒さないといけないんだ。

たまには、こんな日日雑記も悪くないな。はい。ハイボール1本。終了。