作家・詩人・エッセイスト・研究者

2011年。私は自信過剰だった。何の戦略もなく、ただ、書いていた。

研究者としては卒業論文である「資本剰余金の本質と意義」、経済産業省から表彰を受けた「21世紀の物流システム確立にために」ほか、東洋経済高橋亀吉賞に3度ペンネームで論文を提出している。実名なら入選したかもしれないが、当時はまだ会社員であり、立場がまずくなると考えた。勇気が無かった。

詩人としては20代の頃から活動していた。「魔界の独白」ほか、ISBN付で「ロバート劇場」(2011、パレード社)がある。「MEW」という同人詩誌でも活躍していた。あの頃は才能に溢れていた。今はもう、詩が書けない。

作家としては、2013年に書いた「狂った季節」が処女作と言えるだろう。傑作だと思った。「宇宙人会議」という本格SFも書いた。私は、作家・詩人を名乗った。ペンネームも黒崎玄太郎から白井京月に統一した。

エッセイ集としては、「カオスなコラム21」がある。これは秀作だと思う。

そのほか、書評家の顔も持っていた。いまも、白井京月の読書メモの残骸が残されている。

さて、私はこれから何を書くのか。詩人の才能は失った。論文を書くには本を買うお金が無い。作家としてはまだまだ未熟だが、ここはずばり、作家とエッセイストに絞るべきではないのか。

人生の残り時間も少なくなってきた。来年は還暦だ。さあ、集中と選択だ。もう、迷いはない。